海外登記

2021.03.10

ツイッター、グーグル、5ちゃんねる、2ちゃんねる等、海外サイト運営者に対して削除仮処分、IPアドレス開示仮処分、削除訴訟、アカウント情報の開示訴訟をするには、サイト管理者(法人)の登記が必要です。
また、裁判所に提出する際には、登記の訳文が必要になります。訳文に書かれている会社名(カタカナ表記)と、代表者の肩書、代表者氏名(カタカナ表記)は、当事者目録と一致している必要があり、一致していないと、当事者目録か訳文の変更を求められます。
代表者の肩書がCEOのときは、当事者目録に「上記代表者最高経営責任者」と書くよう指示されるケースと、「上記代表者」だけで足りるケースとがあります。裁判官の指示にしたがってください。

どんな登記が必要?

裁判手続に必要となるのは、「ハンコ」「サイン」のある登記です。インターネットでダウンロードしただけのものは、原則として受け付けてもらえません。「ダウンロードすれば足る」という情報が一部ネットに出回っていますが、少なくともツイッター、グーグルに関しては誤りです。

例外として、「それしかない」国、たとえばシンガポールなどでは、ダウンロードしただけの登記でも受け付けてもらえます。ただし、ハンコを押した登記が存在しないことを上申書で説明する必要があります。

ダウンロードするだけでOKのサイト

削除、開示事件をしている経験上、ダウンロードしただけの登記で足りるのは、シンガポールの2ちゃんねると、アイルランドのツイッターインターナショナルカンパニー(ツイッターの一部サービスで相手方になります。普通のツイッターは米国のツイッターインク)、ネバダ州のFC2です。ダウンロードすれば足りるので、クレジットカードがあれば、独力でも何とかなります。

シンガポール

シンガポールの登記は何種類かありますが、ACRA(https://www.acra.gov.sg/)で、16.5シンガポールドルのものを購入します。

アイルランド

アイルランドの登記は、CORE(https://core.cro.ie/)で、12ユーロのものを購入します。

ネバダ州

ネバダ州の登記は、NEVADA Secretary of State(https://www.nvsos.gov/sos)でダウンロードします。Verify certificateの料金が50ドルかかります。

海外登記(ハンコあり)の購入方法

海外法人の登記(ハンコあり)は自分でも購入できるようですが、結構な手間がかかります。さらに、IPアドレス開示仮処分は時間との戦いなので、悪口が書かれてから登記の購入を始めていては、間に合いません。

そこで、海外登記(削除・開示用)を売っている弁護士から購入するのが簡便です。私の仕入れ先+αを紹介しておきます(当サイトでは販売していません)。

海外法人登記取得代行センター

代表者中澤佑一(弁護士)
リンク先https://touki.world/
登記料金66,000円(ツイッター、グーグル、5ちゃんねる等、各種)
補足訳文付き、裁判手続用の上申書付き

サイバーアーツ法律事務所

代表者田中一哉(弁護士)
リンク先https://cyberarts.tokyo/bizfile
登記料金5,500円(ツイッター、グーグル、フェイスブック)
補足訳文付き、送料込

フィリピン企業情報館

代表者高谷滋樹(弁護士)
リンク先http://p-toukibo.com/
登記料金40,000円(5ちゃんねる)
補足訳文付き

5ちゃんねる資格証明書取得代行

代表者野田隼人(弁護士)
リンク先https://gis.nodalaw.jp/
登記料金33,000円(5ちゃんねる)
補足訳文付きは49500円

独力で買うなら

独力で登記を買うなら、中澤佑一弁護士の書籍が参考になります。

インターネットにおける誹謗中傷法的対策マニュアル(第3版)