5ちゃんねる(5ch.net)の削除・発信者情報開示請求(2020版)

2020.05.13

サイトの変遷

かつて「2ちゃんねる」(2ch.net)は西村博之氏が運営していましたが、西村博之氏のいう「乗っ取り」事件のあと、サイト上ではフィリピン法人「レースクイーンインク」が運営していると表示されている時期がありました。その後に事業譲渡があり、「5ちゃんねる」(5ch.net)と名前を変え、サイト運営者も「Loki Technology, Inc.」という表示に変わりました(https://5ch.net/)。

削除請求

削除ガイドライン

5ちゃんねるへの削除請求は,メール(meiyokison@5ch.net)でよいと記載されています(https://qb5.5ch.net/saku2ch/)。

「犯罪に関する情報及び法人に関する情報の場合は、原則として、裁判手続きによって仮処分を取得して、司法判断を待つことにする。」と記載されており,犯罪報道の削除と,法人の削除請求については,裁判所の削除仮処分が必要と記載されています。
もっとも、犯罪報道についても、上記メールへの申請で削除対応されている印象です。弁護士が削除請求する場合の必要書類は以下のものを指定されています。

  • 委任状
  • 弁護士の証明
  • 本人の身分証明書(免許の裏表、有効期間内のもの)

削除仮処分にかかる期間

5ちゃんねるの運営者は,フィリピン法人ロキテクノロジーインクだとされています。

Loki Technology, Inc.
29F Joy Nostalg Center
17 ADB Avenue, Ortigas Center
PASIG 1600

https://5ch.net/

そうすると,削除仮処分の相手もフィリピン法人となります。 ところが,フィリピンは送達条約に加盟していないため,日本の地裁で削除仮処分を取るには,少なくとも7か月かかります。

発信者情報開示請求

5ちゃんねるに対して発信者情報開示仮処分を取得しても、IPアドレスが開示されない、対応されない、という事例が弁護士の間では報告されています。

もっとも、IPアドレスの開示交渉には応じており、判例データベースで「5ちゃんねる 発信者情報開示請求」で検索すると、5ちゃんねるからIPアドレスの開示を受けてプロバイダに発信者情報開示請求した事例や、投稿者を特定したあと投稿者に損害賠償請求した事案がいくつかヒットします。
5ちゃんねるに対するIPアドレス開示交渉では、IPアドレスの開示請求をしてから数日で開示されている印象です。

  • 2015/03/01 作成
  • 2020/05/13 更新